食事は栄養摂取という点からだけでなく
美味しいものを食べるという楽しみから食事をしている人も多いのではないでしょうか。

ですが、
食事で栄養が偏らないように摂取することも大事です。

食べ過ぎや栄養不足は生活習慣病や免疫力の低下、メタボリック症候群の原因になります。

体にいい食事をすることは病気のない体をつくるためには大事です。
栄養を得るために食事をすることは人の体にどんな影響があるでしょう。

栄養摂取とは一般的には1日3回の食事で補うものです。

過剰に栄養を摂りすぎると脂肪が増えて体重がどんどん多くなっていきます。

そうなると、
血液を運ぶ心臓の機能に問題が生じる恐れがあります。

高血糖、高血圧、高脂血症などの生活習慣病を引きしやすくなるので、
食事の内容は大変重要です。

食事の回数を減らしたり食事の量を極端に減らしたりすると、
人間の体は緊急事態と認識して体に入ってくる全ての栄養を蓄えようとする機能が働きます。

少量の食事でも内臓機能を維持しておけるようにと体が使うエネルギーをできるだけ少なく抑えて、
餓死のリスクを減らそうとするのが人間の体に備わっている生存のための機構です。

代謝の低い体になれば食事量を減らしても余剰分は貯蓄脂肪分になりますので、
ダイエットはなかなか進みません。

ダイエットをしている人の多くは食事の量を極端に減らそうとします。

しかし、
急激に栄養の摂取量が減ると体は緊急事態だと認識してしまうのです。

代謝が下がらないように栄養摂取量を減らすしてもほどほどにする必要性があります。

生きていくために使うカロリーと栄養補給で得られるカロリーのバランスが大事です。

健康を維持するためには栄養バランスを考えて摂取して極端な食事の制限は避けるようにしましょう。