最近子供の栄養が不足になりがちな理由は、食生活や生活習慣の変化だと言えます。

子供に不足しやすい栄養成分とは、一体どういったもののことをいうのでしょうか。

特に気をつけなければいけないものは鉄とカルシウムが不足することです。

カルシウムは骨や歯の主な成分であり、
鉄は血液に必要な栄養素でどちらも子どもにとっても大事なものです。

カルシウムを体内におぎなうためには、大豆、牛乳などが役立つといいます。

豆、卵、肉が鉄を摂取しやすい食品群だと言われています。
子どもの栄養不足を防ぐためには、
やはり毎日の食事をしっかりと作り食べさせることが大事になってきます。

今は共働きの家庭も多く加工食品や外食などに頼りがちですが、
工夫して子どもの栄養不足を改善する努力をしましょう。

加工食品でも栄養が壊れていないものもあります。

調理時間を短縮し栄養のあるものを食べられるように、
様々な工夫をしていきましょう。

子供の栄養不足対策には体にいいおやつを出すという方法もあります。

朝昼晩の食事では不足している栄養素を、
おやつの果物や芋類で与えるというやり方もあります。

バランスの良い食生活を送るための参考となるのが、
食事バランスガイドです。

成長するに従って子供は、
年相応の食事を必要とするようになりますので、
発達に合わせた食事を出していきたいものです。

成長期の子どもが栄養不足になることがないよう工夫していきましょう。