中小企業が融資を受けるのが難しいというのには理由があります。

融資を受けるには審査が必要です。

審査を受けるために中小企業は必要な書類を作成し、
融資を受けるための環境を整える必要があります。

融資の申し込みを検討するためには銀行側としても、
ある程度の費用を費やす必要があります。

銀行からすれば大企業に融資をした方が、
審査後に動く金額は大きくなります。
そのため、銀行は中小企業への融資より大企業への融資を優先しがちです。

株式や社債をつくっている大企業は、
毎年公開するための会社の資料をつくらなければいけません。

つまり、金融機関が審査を行う際の判断がしやすくなっていると言うことです。

一方、中小企業はあまり情報開示が進んでいません。

財務の内容がまとめられていない会社もあります。

その結果、中小企業は透明性の低くリスクの高い会社と判断されがちです。

また、中小企業は大企業のような担保を持たずに、
融資を希望することになってしまいます。

担保があれば、多少財務体質に問題があっても非開示の情報があっても、
融資にこぎつけられる可能性はあります。

しかし、中小企業は担保として使える不動産を所有していないことも多いのです。

担保に使える土地があっても、
地価が下がっていて担保としての用をなさないこともあります。

中小企業が融資を受けるには数々の難関をくぐり抜ける必要があるといえるでしょう。

 カテゴリ